湯の華ブログ

若女将が、最近の出来事や猫の様子、梅ヶ島の観光情報、宿周辺の景色などをご紹介するブログです。

2022年3月29日

カテゴリー:アメニティ

4月からホテルの歯ブラシは有料化する?プラスチック資源循環促進法について

こんにちは!
梅ヶ島温泉 湯の華 若女将のさゆりです。

「令和4年4月1日から法律が施行され、
 ホテルの歯ブラシが有料になるの?」

こんな噂が出回っています。
その背景には4月1日から施工される「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が関係しています。

結論から言うと、対象となるのは1日千人規模で宿泊するとっても大きなホテルや、チェーン展開して複数経営している事業者。
小規模な個人経営の宿は対象外です。
いますぐアメニティの有料化にはなりませんが、今後必要なものだけを選んでもらったり、プラスチック以外の素材のものを使用するなど、宿泊業界全体としてアメニティを見直す可能性もあります。

 

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律とは

プラスチックごみ問題、気候変動問題、諸外国の廃棄物輸入規制強化等への対応を契機として、国内におけるプラスチック資源循環を促進する重要性が高まっています。
こうした背景から、政府では、令和元年5月に「プラスチック資源循環戦略」 (令和元年5月31日消費者庁・外務省・財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省)を策定し、3R+Renewableの基本原則と、6つの野心的なマイルストーンを目指すべき方向性として掲げました。
さらに、令和3年6月には、プラスチック使用製品の設計からプラスチック使用製品廃棄物の処理まで、プラスチックのライフサイクルに関わるあらゆる主体におけるプラスチックの資源循環の取組を促進するための措置を盛り込んだ「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が成立しました。
引用:プラスチック資源循環法関連特設サイト|環境省

 

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律で、ホテルが具体的な削減が求められているもの

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律では、業界ごとに指針があります。
ホテルでは、無料で配布している下記のプラスチック製品を削減する事を求められます。
ヘアブラシ、クシ、カミソリ、歯ブラシ、シャワーキャップ

 

ホテル・旅館等宿泊業者はプラスチックを減らすためにどのような行動をするべきか

いきなりプラスチックの使用を無くすことは難しいため、
下記のような手段でプラスチックを使う量を減らす事が求められます。

・有料化
・アメニティ不要な場合のポイント還元
・プラスチック代替素材での提供
・消費者に必要の有無を確認
・回収し再利用

今まで無料で部屋に置いていたものが無くなると「サービスが悪くなった」と苦情がでることが予想されます。
衛生用品のため、回収し再利用は無理です。竹やバイオプラスチックといった代替商品もありますが、高価なので宿泊費の値上げになることも。
現実的な行動として、「各部屋には置かずに、フロントで無料配布。欲しい人だけ持って行く」を選択する事業者が増えそうです。
ただ、必要以上に持って行ってしまうなど利用者のマナーの問題や、フロントスタッフの業務の煩雑化などの弊害があります。

当館の場合、個包装の歯ブラシを人数分お部屋にセットしています。
ハミガキセット持参で使用されない場合はそのままアメニティトレーに残して帰られる方もいらっしゃいます。
持参の割合は、体感的に10組に1組様くらいでしょうか。

湯の華では、従来と変わらずアメニティをご用意いたします。
ヘアブラシ、くし、カミソリなどは温泉の脱衣場に「ご自由にどうぞ」の箱を用意しております。

 

プラスチック削減の対象となる事業者

対象: 年間5t以上のプラスチックを提供している事業者に対して。
(1施設5tではなく、1業者5t以上)

歯ブラシが約15gとすると、歯ブラシ年33万3333本。 1日あたり913本相当

計算すると、1日平均千人以上宿泊するような大規模なホテルが該当しますね。
当館は1日3組限定、週末のみ営業ですので、対象外の施設です。
法律に則ってすぐにプラスチック削減に取り組まなくても良さそうなのでホッとしています。

 

日本において、ホテルに宿泊する際に歯ブラシを持参するのは定着するのだろうか?

レジ袋有料化になって、マイバッグ持参が定着したように、
アメニティ有料化したら、歯ブラシ持参が定着するでしょうか?

私はそうは思いません。
だって、利用頻度や目的が全然違う。
レジ袋は日常生活のもの、ホテルのアメニティは非日常。
たまの旅行くらい、身軽に荷物減らして出かけていきたいものです。

まぁ、お仕事によっては月の大半をビジネスホテルで過ごす方もいらっしゃるかもしれませんが、国民の少数でしょう。
そもそも近年は、宿泊旅行をする方が減っていて、1年に宿泊旅行をする方は全体の30パーセント程度です。
参考:じゃらん宿泊旅行調査2021

日常生活に欠かせず全体量の多い、例えば食品・加工品などのパッケージを削減するなら意味があると思います。
海外で暮らしていた時に、スーパーで野菜むき出しで売られていてびっくりしたと同時に、量り売りで合理的だしゴミも減らせていいなと感じました。
たまねぎ5個入りでプラスチックの袋に入れるよりも、1個から購入出来て紙袋に入れるほうが環境に良いよね。
法律制定について、手段と目的、対象が違うんじゃないかな?と文句を言いたい。

最後になりますが、当館は今後もアメニティは無料です。ご安心ください。

 

当館のアメニティについて

旅行の際に知っておきたい。当館のアメニティについて

 

再利用してエコ活動♪お持ち帰り可能なアメニティについて

宿のアメニティ、お持ち帰りOKなのはどれ?

・-・-・-・-・-・-・-・-・

梅ヶ島温泉 湯の華
TEL:054-269-2253
↑タップして電話(スマホに対応)↑
お電話対応可能時間平日18:00以降

LINE公式アカウント

LINEからのお問い合わせはこちら 

 

最近の記事

2022年7月4日

梅ヶ島エリアのAED。どこにある?使うタイミングは?

2022年7月3日

梅ヶ島温泉は一人で宿泊できる宿が少ないため、一人宿泊OKのこちらはとても助かります。

2022年7月2日

夕食のやまめの塩焼きがとても大きくてビックリしました。

2022年7月1日

7月2日、梅ヶ島の日帰り温泉「黄金の湯」に紅茶体験工房がオープンします!

2022年6月30日

男性用トイレのリフォーム完了!待望のウォシュレット機能付き♪

アーカイブ

カテゴリー
月別一覧
年別一覧